「ESBI」キャッシュフロー・クワドラントとは?

社会に出て皆さんは生きていくために、幸せになるために働きます。

そして、対価として報酬をもらいます。そして、現代には報酬をもらう形態が4つ存在するという話です。

大きく2つに分けると「労働収入」と「権利収入」

それぞれ4つの頭文字は

Employee(従業員)

Self Employee(個人事業主)

Bujiness Owner(会社経営者)

Investor(投資家)

です。

そして、この4つは大きく二つに分かれるということ

   
分野 収入形態備考
Employee,Self Employee 労働収入 権利収入と比べると低い傾向にある
Business Owner, Investor 権利収入 労働収入に比べると高い傾向にある

そしてそれぞれの特徴について考察します。

まずEからSになろう

学校卒業してほとんどの人は最初にEになると思います。

もちろん、いきなりS(個人事業主)やI(投資家)にもなれますが、リスクも高いと思っています。

そこで最初はE(従業員)になったと仮定して話を進めます。

会社側は従業員を雇って彼らに稼がせて事業を大きくしようとしています。

言い方悪いですが従業員側はその会社のB(ビジネスオーナー)を稼がせているとも言えます。

ここで、一般的には2つの選択肢があると思っています。

一つはそこで技術や能力を身につけてS(個人事業主)になるという考え方。

会社から良いところを盗んで今度は自分が主体になって同じことして稼ぐということです。

従業員は会社にとっては助かる存在なので不利益が生じないように守ってくれます。

しかし、従業員を金持ちにさせるとは言ってません。

つまりお金が欲しいならその立場のままいてもなれないということがわかります。

そこで最初のステップとしてS(個人事業主)になろうという話です。

B(ビジネスオーナー)、I(投資家)についてはなることも可能ですが一般的には元手が必要なためまず個人事業主を目指しましょう。(一部例外あり。理由は後述)

S(個人事業主)として成功したら,B(ビジネスオーナー),I(投資家)になるチャンスをつかむ

S(個人事業主)になると年収1000万が目標ラインになるかと思います。

しかし、それで満足せずに次のステップに行くことを目指しましょう。

ここは個人差があるため、明確な時期は人それぞれです。自分がここら辺と考えたところで移る機会を見つけてください。

なぜなら労働収入というのは稼いだ分しか入ってこないため、使ってしまえばなくなるからです。

それに比べてビジネスオーナー、投資家は全然別のスキルが求められますが権利収入であるため、うまくいっていれば継続的に収入があります。

みんなが最後に目指すのはI(投資家)

世界の成功者など見ていると、ビジネスオーナーとして活躍した後、辞任して投資家になっているケースが多数見受けられます。

投資はハイリスクハイリターンの小資金で始める手法とローリスクローリターンで安定的に稼ぐ方法があります。

なので最終的には投資家になって安定運用していけるように持っていきましょう。

ここで投資の手法や投資商品の選択が求められますがFXがいいと思います。

理由は結果を残している人がたくさんいるのでリソースが他と比べて多いからです。

FXの成功者からスキルを盗んでマネしていけばいいと思います。

もしくは株を保有してキャピタルゲインを狙う。または配当を得るということ。

一部例外について

さいごにまれなケースでE(従業員)からI(投資家)になり、大成功している人もいます。

こちらも確固たるスキルを身につければ可能であることを証明している人がいますので自分もそれを目指したいなら頑張ってください。

“FXの短期売買”と調べてもらえると参考になるものがあると思います。

最後に私が参考にした動画を載せます。

https://youtu.be/Oq40bRX9mVw

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA