システムトレード

この記事はシステムトレードとはなにか。また、運用していくためのステップを書いていきます。

最後に、私がおすすめするシステム(以下EA)の販売、作成できるサイトを紹介します。

システムトレードに興味がある人、システムトレードって何だろうという人はぜひ一度この記事を読んでみてください。

目次

  • システムトレードとは何か
  • システムトレードの始め方
  • システムトレードの販売、作成サイト紹介

システムトレードとは何か?

FXのトレードには2つのやり方があります。

  • 裁量トレード:自分でエントリポイント、損切りポイント、利確ポイントを設定していく
  • システムトレード:売買ルールをあらかじめ決めておいてそれに沿ってプログラミングしていく。これを導入して自動的にエントリ、損切り、利確を行う。

一言でまとめると自分でチャートをみて売買タイミングを考えるかその仕組みを作ってシステムに行わせるかです。

システムトレードの始め方

システムトレードを始めるにはまずシステムを動かして実際に取引を行うための場所が必要です。

ここで私がおすすめしているのはMeta Trading4(以下、MT4)を用いたトレードをお勧めします。

MT4はFX取引を行えるプラットフォームであり、ここで自分が作ったシステムや購入したシステムを運用していくことが可能です。

一般のFX業者が提供しているソフトはMT4を導入できないので気を付けてください。

MT4ソフトを採用しているFX会社はOANDAが有名ですね。

OANDAのページ=>https://www.oanda.jp/

やり方は

  1. OANDAの口座を開設する
  2. 開設できたら入金する(口座振り込み)
  3. OANDA口座とは別にMeta Trade4の口座を開設する
  4. OANDA口座にいれた資金をMeta Trade4の口座に移し替える

これでMeta Trade4を用いた取引ができるようになります。

システムを作成するにはプログラミングしていく必要があります。

自分で作成できない人はまず、プログラミング知識を身につけましょう

この本でシステムトレードについて学ぶことができます。また、具体的な導入方法、簡単なプログラムなど基礎を学ぶのに最適です。

ある程度慣れてきたらこの本がおすすめです。実践レベルのプログラムを作成することができます。

システムトレードの販売、作成サイト

システムを作成して自分で使うことはもちろんできるのですが、そのシステムを販売することもできます。

販売サイトはこちら

FX投資情報コミュニティfx-on.com

ここで会員登録して自分で作ったEAを登録して販売します。

他の人が作ったシステムの購入もできます。

EAの他にインジケーター(チャートなどの指標)、自分のシステムを紹介したセミナー動画、書籍なども販売できます。

また、オンラインコミュニティで他のトレーダーと交流できたり、EA作ってほしい人に対して仕事を受注することもできるため、コンテンツが豊富です。

ぜひこのサイトを活用して優れたEAを開発してシステムトレードを行っていってください。