ゼロマージナルコストエコノミー

ビジネスとして成功していきたいなら0マージナルコストエコノミーを意識して行うと、成功率が相対的にアップするという話をします。

0マージナルコストエコノミーとは既存のプラットフォームに乗っかってその中で自分はほとんど費用をかけずに稼ぐことです。

例えば

YouTubeが一番わかりやすい例です。

YouTubeを用意した側(現在はGoogle)がサーバー維持費用やそこにかかる莫大な人件費を払って管理しているからYouTubeが成り立っている。

そして、ユーザーは基本的に無料で利用でき、コンテンツを追加していって、人が集まったらそこに広告を載せて収入を得る。

Uber

既存の一般車やタクシーは使っていない間は休眠資産であることを活用して使いたいときにすぐに利用できる仕組みを作った。利用者は特にお金をかけずにお客さんを乗せて対価をもらう。

Airbnb

こちらは普段は住んでいない不動産を登録しておいてそこを利用してもらって対価を得る。

つまり、これらはほかの人が作った仕組みを利用してお金を稼いでいるということ。

これからは何もないところから作り上げる人と、出来上がったものを利用して稼いでいくことです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA