ビジネスでチャレンジしたい人へ(若いうちから)

今回は学生でアルバイトしている人や会社員の人へ向けての発信となります。

アルバイトや会社員は決まった給料しかもらえず、それに不満を覚える人も少なくないはずです。

自分で事業を持つことができれば、成功すればそれに応じて報酬がもらえます。

だからといって自分で事業を持つのはできない。厳しい。というのもわかります。

しかし、現在は多様なやり方が可能になっていて成功するチャンスをつかみやすくなっているのではないかと思います。

そこで主に二つの自分で事業を持っていく方法を紹介します。

勿論、必ず成功するとは言いません、リスクもそれなりにあります。がリカバリーする手段を持っていたら、考えが変わるかもしれません。

個人事業主として活躍

今流行りつつあるのが個人事業主(フリーランス)です。昔は存在自体あまり知られてなかったんじゃないかと思います。

しかし、情報工学が発達して敷居が低くなり能力を磨けば参加していけるようになりました。

webサイト制作が有名です。

基本は自分で営業して仕事をとって、自分で製作物を完成させて納品。

独立しているといえます。

いきなり一人でするのは厳しいという人は最初にメンターを雇っておくといいと思います。

すでにその道で成功した人を見つけて顧問になってもらえると成功まで近道できると思います。

起業する

「これで成功する」というもの、サービスがある人は進んでそれを事業化しましょう。

しかし、事業を起こすのにある程度資金が必要になると思うので、最初はアルバイトだったり会社員をしてタイミングを見計らうことが必要です。

また、クラウドファンディングに登録して資金を集める方法もあります。

自分の事業内容をプレゼンテーションする必要があります。明確に詳しく説明できればと思います。

そしてリスクの話になりますがこちらもリスクはあります。

成功するのに大事なことは「誰もやっていないことをすること」です。

すでに儲かっているビジネスは成功はしやすいと思います。なぜならばすでにそれで成功している人たちが一定数いるということ。

その人たちとの競争になるということです。

そこの市場の一企業としてエントリーするということなので、得られる利益もそこの市場の一部です。

しかし、全く新しいことは不確定要素だらけですが、成功すれば独占することができます。

まとめ

自分にはどのくらいの力量があってどこまでチャレンジしていけるのか分析して、自分に合った働き方をしましょう。

会社員、アルバイトが悪いといっているのではなく、少しでもチャレンジしていきたいという願望があるのならその夢を捨てずに成功するように自分を変えていく必要があるということです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA