ビットコインの最近の動向

2010年頃から投資対象として登場したビットコイン

すでに2回価格高騰が訪れ、2月現在3回目の最高値(1BTC=¥600万程)になりました。

そこでビットコインは今後どのように推移していくか分析します。

月単位で分析

ビットコインは2021年2月15日あたりで1BTC=約600万円を記録した後一定以上の下落を続けて現在約470万円です。

アルトコインも様々ありますがビットコインと大体動きは同じです。

ビットコインが大幅上昇しているのにイーサリアム(アルトコイン)は急な下落したというのはほとんど見ないです。

例外があるかもしれないですがここではほぼ連動していると考えます。

私の予想ではしばらくは売りが続きます。

大きいスパン(1年、1か月)で見て、下落が続いている途中であり(470万円)、自分が見つけたとどまるポイントは一つは400万円程度です。

大きな上昇前に一回もめていて(上がったり下がったり)、ちょうどいい数字ということもあります。

2個目は下落が止まらずに長いスパンで売られ続けて、100万円代まで到達。その後に停滞を繰り返し、再び上がる。

400万円代までいったら注意深く見ていく必要があると思います。

ファンダメンタル要因

チャート情報からは上記のように判断しましたが、ビットコイン関連のニュースなども気を配る必要があります。

米起業家イーロンマスクビットコイン購入

https://www.businessinsider.jp/post-229022

機関投資家や大企業がビットコインを買い占め

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/02/post-95709.php

大企業や大口投資家がビットコインに投資するのは価格が上がる要因になります。

注目度は上がっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA