フリーランスになったらまず取り組んだ方がいい仕事

フリーランスといっても取引先の企業に常駐して働く方法と在宅で働く方法があります。

それぞれでまずこれを取り組んだ方がいいと思った仕事を自分なりに考えたのでその理由について話します。

常駐として働くなら組込み機器、ウェブサイト製作会社あたりを考える

まず、組込み機器に関しては企業先に常駐して共に設計・コーディング・テストしていく必要があると思います。また、場合によっては現場立ち合いなども出てくると思います。

オススメとしてはJava,C,C++あたりを学んでおく、もしくはこれらを取り扱っているソフトウェア会社にいったん就職し、実務を積むのがいいと思います。

その際の期間は2年~3年で十分です。

大事なのは現在需要のある言語を調べ上げてそれを使えるように上達させることです。

リモートワーク、ノマドワーカーになるために必要なスキル

こちらは主にウェブサイト制作などインターネット上で受注から納品まで完結するスタイルなため、リモートワークすることが可能です。

しかし、リモートワークは基本自分一人で行うため、周りからのサポートが受けづらく、不安な場合は常駐型を選択しましょう。

また、ウェブサイト制作にあたって必用なスキルはPHP,HTML,CSSなどです。

スクリプト言語なため、初心者にもとっつきやすいことが特徴です。

まとめ

自分がどういった働き方を目指しているのか明確にして、その道に合った言語を習得していくことが望ましいと思います。

また、不安な場合はフリーランス向けのコミュニティに参加したり、その分野の情報を発信している方のオンラインサロンに参加してみてほかのフリーランスの方々と交流を深めるなどしておくことをお勧めします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA