フリーランスに学歴は不要です

フリーランスは学歴に関係なくやることができます。なぜなら完全実力主義であり、案件に学歴を求めるものはありません。

必要なものはスキルです。

そこで、まずはスキルを磨くことを実践してみましょう。

フリーランスと学歴が関係ない理由は

  • 学歴を求める案件は1つもない
  • フリーランスは完全実力主義

学歴を必要とするのは企業に所属する場合などです。

理系大学在学または卒業だったり、企業によっては大学院を出ていることを条件にしているところもあります。

学歴が条件にならない理由としては

学歴=実力がある とはならないからです。

学歴は一つの証明書である。

じゃあ学校にわざわざ行ったり、資格を取得する理由はないとも思いますが、学歴などは証明書の一つにはなります。

この人に任せられるかわからないとなった時に学歴ある人とない人で差がつくことはあるかもしれません。

フリーランスに必要なものは?

初心者がフリーランスとして活躍するには

  • 実績を作る
  • 今の自分にできることにプラスしてスキルアップ
  • 成果物はポートフォリオに追加

スキルがない人は実績作りをする

実績作りの要因は

  • 経験年数
  • 納品した仕事の数
  • 稼いだ金額

なのでまずはたくさん案件を受けていくことから始めましょう。

当たって砕けろです。

ダメだったらその時別の方法をとればいいです。

今の自分にできることにプラスしてスキルアップ

少し稼げるようになったらそれより少しレベルの高い案件をとってみましょう

  • 単価が高い
  • 求められているレベルが高い
  • まだやったことない分野

単価の高い仕事=スキルアップにつながりやすい

これを意識して取り組みましょう

成果物はポートフォリオに追加

自分の実力の証明をするためです。

  • ライター:作成した記事
  • エンジニア:作ったサービス
  • デザイナー:作ったデザイン

ただし、守秘義務を約束している納品物は絶対に追加しないこと。

フリーランスとしてどうしていくかわかったらさっそく行動してください。まずやってみるというのが大事です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA