フリーランスの人が入っておくべきコミュニティ

フリーランスになったばかりの人は仕事を探すことに苦労すると思います。

現在では自分で営業までして仕事を受注する方法と、エージェントに営業してもらって仕事を見つけてきてもらう代わりに報酬を払うといった方法が主流だと思います。

しかし、それでも仕事が見つかるか心配という人のために、フリーランスになった人が入っておいた方がいいコミュニティとフリーランスの人をサポートしてくれるプラットフォームを紹介します。

これらを利用することで、仕事が見つからないっていう心配はなくなります。これだけ選択肢を増やせばほとんど確実に仕事はあるはずだからです。

あとは自分ができることを増やしていきましょう。自分のスキルを医学ことも仕事獲得のための手段の一つです。

フリーランスが入っておくべきコミュニティ

フリーランスになった人がぜひ入っておいた方がいいと思うコミュニティの紹介と、その理由を考察します。

フリーランス協会

フリーランスのために福利厚生や保険制度を提供しています。

けがや病気で働けなくなった場合に、喪失する所得を保険金として受け取れる「所得補助制度」があり、これに個人で加入するするよりも協会を通して加入することで半額程度(47.5%)で加入できます。

また、納期に間に合わなかったなどで損害賠償請求をされたときの「フリーランス賠償責任補償」も導入されています。

福利厚生では、自分や親族等が健康診断や人間ドックを受ける際に会員価格で受けられるなどのメリットもあります。

そのほかに会計ソフトの割引価格で使用でき、支援制度としてコワーキングスペースの使用権利などついて年会費1万円です。価格に比べてリターンが大きいので是非加入しておくことをお勧めします。

https://www.freelance-jp.org/

Home Workers Community

「Home WOrkers Community」ではウェブ系のクリエイティブや開発案件を紹介してくれます。サイト制作、LP,バナー作成など案件を取り揃えています。

ただし、実績として経験3年以上の人にしか相手にしてもらえないので、ある程度経験を積んできたら登録可能になります。^^;

料金は無料で利用できます。

https://www.hwc.jp/

FreeLanceNow

ライター、エンジニア、デザイナー、コンサルタントなど様々な職種から集まる約2000名のフリーランスが登録しているフリーランスコミュニティです。

料金は無料で案件の紹介やほかのフリーランスの方と交流できるためぜひ登録しておくとよいでしょう。

https://freelancenow.discussionpartners.net/

駆け出しフリーランスが集まるPont

駆け出しフリーランスやこれからフリーランスになる人、学生や主婦などむけに週に1回イベントを開きます。

具体的には初心者向けライティング講座やウェブサイト制作講座です。

料金は月額3,800円です

http://pont-freelance.com/

DoorKeeper

フリーランスの交流の場であり、定期的に勉強会やイベントを開いています。

https://www.doorkeeper.jp/

WorkShip

フリーランスにITプロジェクト案件を紹介してくれる会社です。エンジニア、デザイナー、マーケターなど約6,500人が登録しています。

プロジェクト案件とマッチングするとお祝い金が1万円もらえるというありがたいおまけつきです。

もちろん登録料は無料です。

案件も多数にそろっているためぜひ一度見てみてください

https://goworkship.com/

まとめ

フリーランスとは本来独立したものですが、自分がいいと思ったコミュニティには積極的に参加して、仲間と仕事を見つけたり、仕事していった方が効率的に進められるのでぜひ検討してみてください

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA