フリーランスコミュニティに入ろう(第二段)

フリーランスになった人・あるいは検討している方はフリーランスコミュニティに入りましょう。

福利厚生を受けることができたり、他のフリーランスとの人脈を増やしておくことで、そこから仕事をもらうことができたりとお得なことがたくさんあるので是非一度検討してみてください。

フリーランスの方は独立しているということ

フリーランスの人は形態としては個人事業主であるため、どこかの組織に属しているわけでもないです。つまり当然自分の身は自分で守ることになるのです。

自分の腕を磨くことはもちろん、仕事をとってくることも行わなければなりません。(エージェント活用型なら別)

そこでフリーランス向けのコミュニティに入ることをお勧めします。

そこのコミュニティで人脈作りを行ったり、そこで開かれる勉強会に参加してスキルアップしましょう。

仲間を通じて仕事を受けることができたり、他のフリーランスの方との交流もできるからです。

おすすめのコミュニティ

私がここはいいと思ったコミュニティをいくつか紹介します。

ちなみに今回は第二回目です。(第一回目のコミュニティ紹介ブログのリンクを張っておきます。)

Developersjp

https://www.developersjp.online/

自宅でのリモートワークの場合、技術的な相談がなかなかできなかったりするので、それを解消する方法はないかと思いでこのコミュニティができました。

個々のコミュニティを通して、他のフリーランスの方と相談しあって仕事を進めて行ったり、情報共有したりすることができます。

参加方法は3つあります。

1つ目はすでに知り合いがここのコミュニティに入っていて、自分が紹介されてはいるというパターン

2つ目はコミュニティを立ち上げた人twitterにDMを送って申し込むパターン

3つ目はまだ入るか迷っている人やフリーランスではないけどコミュニティがどのような感じなのか見てみたい人向けのサポーター・オブザーバーです。

connpass

https://connpass.com/#category_link_list

フリーランス・会社員という所属は特に関係なくIT関連の勉強会など定期的行っています。ここでイベントを立ち上げたり、勉強会を立ち上げたりもできますし、もちろん学びに行くこともできます。

全国規模なので大都市から遠方に住んでいる人も比較的通いやすく、主要言語からデザイン、ハードウェア、フロントエンド、クラウドなど幅広く行っています。

Lancepod

https://lancepod.com/

現在活躍されているフリーランスの人とのコミュニケーションをとることができる場所です。

また、ここを通して仕事を受注することもできます。

まとめ

以上、私がおすすめするフリーランスの人向けのコミュニティを紹介しましたが、フリーランスの働き方、仕事の見つける方法は現在多様に存在します。

自分の力で営業して仕事をとってくることも可能です。また、エージェントと契約して仕事を見つけてもらうこともできるようになりました。

しかし、それだけではなくコミュニティを利用するということもできるという話でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA