フリーランス&ノマドワークにおすすめのパソコン選び

フリーランスやノマドワーカーが流行っている現在、たいていの人はパソコンを使うお仕事なのではと思います。(もちろんそうでない職種もあります。)

そこで、フリーランスの方やノマドワーカーに向いているパソコンを私なりの考察して紹介しようと思います。

WindowsかMacか

ビジネスの面ではよくMacを用いている場面を目にしますが、Windowsでできないということは決してないです。

デザインを追求しているのはMacですし、Appleは様々なデバイスを世の中に送り出しましたからApple製品で揃えたいという人はそれでいいと思います。

この二つの違いはWindowsでしか使えないソフトとMacでしか使えないソフトというのが存在します。

また、どちらでも使えるという「クロスプラットフォーム」なソフトも存在します。

Javaの開発環境の一つである[Eclipse]はその例の一つです。

ただクロスプラットフォームなアプリはそんなに多くはないです。

自分が使いたいソフトはどのOSで使えるのか調べてそれが使える方のパソコンを購入するのが好ましいです。

最低限必要なスペック

本当に最低限のことしかしないのなら低スペックでも構いませんがビジネスするとなるとそこそこスペックがあることが望ましいです。

なぜなら急にあのソフトを導入する必要があるという場合やエクセルデータが蓄積してきて保存できなくなったという事態が出てくる可能性があるからです。

参考までに

  • 私の友達は2GBのメモリのPCを使っていてまともな動作しなかった
  • 私が研究していた時に使っていたPCのメモリは8GB
  • 私の職場のPCはCADやプログラミングソフトなど使うので8GBのPCを用いている

以上の点を踏まえてメモリは8GBをお勧めします。

そこに高度な動画編集など入れるならさらに多くのメモリを確保した方がいいと思います。

また、CPUの話ですが

よく見かけるのはIntel社製のCore i3,i5,i7,i9といった機種だと思います。CPUメーカーで多くのシェアを持っているのはIntelです。

そこで最低限持っておくべきCPUスペックはCore i5です。

昔はi3でもよかったのですが、時代とともにPCスペックが上がりました。

PCは新しくてよいスペックの部品を選ぶと必然的に他の部品も新しい部品を選ばなければ互換性が合わないという問題が起きます。

そこで昔の低スペックパソコンを使いたいというこだわりがあるならそれでもいいですが、そうではないならCore i5と書かれた商品を選びましょう。

勿論それ以上のスペックを求めてもいいですが、価格は上がります。

HDD容量は最低でも512GBが望ましいです。

Windows 10など最近のOSを用いるならそれだけHDDの容量も取ります。そこから自分が使うソフトのインストールやデータの保存など考慮して512GBか1TBあたりがよいと思います。

おすすめのノートパソコン

以上の点を踏まえて私がおすすめするノートパソコンを厳選してみました。

Windows

8GBのメモリと512GBのHDD容量が売りです。そしてこの値段なのでコスパはいいです。

MacBook

メモリ16GBのCore i7搭載しています。値段もそれだけいいです。

Macはデザイン面でも追及していることから携行しやすさも兼ね備えているのでよりスタイリッシュに仕事していきたいならいいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA