プログラミング業界は主に3つある [SIer,SES,Web]

プログラミング業界で生きていくのに主にどんな分野があるのか?

また、それぞれのメリットなども含めて考察していきます。

SIerとは

SIerはシステムインテグレーターのことで企業が業務システムを導入したときにそのシステムを入れたままにしておいてはエラーが発生したときに対処でkる人がいません。そこで保守する人がいなければなりません。

SIerはシステムの開発だけではなく、導入後の運用・保守まで行います。

長い期間同じ職場にいられる可能性が高いと思います。

SESとは

SESは業務内容としてはSIerと変わりはありませんが雇用形態が違います。エンジニアが常駐先に常駐してシステム開発を行うということです。

SESを必要な期間、必要な人数雇えるという柔軟性があるのがSESです。

つまりある期間はこの職場にいて、そこが終われば次の職場へと移っていくことができます。

Web系

Webサイト制作関連の仕事が中心となっています。

Web系は一人一つずつ仕事の全工程を任される形で後に独立しやすいというメリットがあります。

つまりスキルを身につけてフリーランスになりやすい職種ということです。

それぞれ働き方が少し違っていて、経営者側のメリット、デメリットまた雇用者側のメリット、デメリット等つかめてもらえたらと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA