プログラミング言語別に案件の比較しました。

おおまかにシステム、web系、機械学習系で分けて、案件に携わる際に必要とされているスキル、経験をまとめてみました。

これからプログラミングエンジニアとしてのフリーランスになろうとしている方に、言語別に見た必要経験やスキルなど、全体的にどんな感じなのかまとめてみました。

システム系、アプリ系

組み込みシステムなどは実際の現場に行って働くためそこの企業に常駐して働くというケースですね。

また、経験年数は2~3年程度というケースがかなり多いです。もちろん、開発経験さえあればよいという企業もあるので、とりあえずどこかの会社に属してシステム開発してみて、そのプロジェクトが終わったら、退社して独立するという最短ルートができますね。

言語はJava、C++辺りが対象です。たくさんの企業が採用している言語だと思います。

システム系は個人独学では環境的に学びづらい部分もあるので不安な人はプログラミングスールにも通いましょう。

Web系

要件にあったWebサイトを構築してほしいという顧客は非常に増えていると感じていたのでWeb系を選択しました。

経験年数などは比較的に年数を問わない案件が多いと感じています。

何か開発した経験があれば採用してくれる企業がそれなりにあるということです。

言語に関してはJavascript,HTML,CSS辺りで調べました。

webサイト構築には欠かせない言語なので、ぜひ学んでおくことをお勧めします。

また、サーバサイドと連携させるたり、システムとUI部分を両方開発して組み込んだりする案件もあるため、至る所でかかわってくるものであるとも思います。

また、他の言語に比べて比較的に理解しやすい言語だと個人的に思っているのでWeb系エンジニアを目指す人も多いのではないかと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA