人工知能の重要性

現在、世界の技術者たちが人工知能(AI)の開発をしていて、ものすごい勢いで成長しています。

どうしてよいよい人工知能をみんな開発しようと頑張っているのか。そして機械学習をさせることに何の意味があるのかについて考えていこうと思います。

みんなが人工知能に望んでいること

まず、人工知能に必要とされているのは

  • 人間と同等の知能が得られるようになること(知能向上)
  • 人間とコミュニケーションが取れるようになること(言語獲得)
  • プログラミング無しで自身で考え、行動してもらえるようになること(自律性)

だと思っています。

そして、上記3つに共通していることは「人が幼いころからやっていたこと」→学習

です。

機械学習を学ぼう

そこで機械に学習させる方法を学ぶことが人工知能を理解する大事な手がかりです。

現時点で機械学習は3つの種類があります。

教師あり学習

これは「あらかじめ人間が用意しておいた正解を機械に学習させておいて、未知の入力データに対して、一番近い答えを返す」

例えば、いくつかのフルーツの写真を用意して学習させて、その学んだフルーツの別の写真を入力したら、それと同じ種類のフルーツだと機械が判断してくれます。

教師なし学習

これは「データの入力があった時に機械がそれらの規則性、類似性に基づいて判断し、分類してくれる」

例えば、山の写真のグループと、海の写真グループに分類するなどです。

個人的には、将来的にはこちらが採用されていくのかなと思います。

理由はモノを認識させるのにそれだけ画像データや音声データを用意せねばならないからです。さらに未知の物や用意できなかった者に対しては対応できないからです。

強化学習

これは「与えられた環境の中で最大の価値を引き出す行動をさせること」です。

学習者「エージェント」にその時の状態で最大の価値を出す行動をしてもらいます。そうすると報酬を獲得できます。逆にしてほしくない行動をされたら罰を与えます。

これをその行動ごとに繰り返すことでエージェントは報酬を得られた行動を選択していくようになります。

機械学習を行えるようにしよう

機械学習をするための言語としてpythonがよく用いられています。

世界中の技術者たちがここにライブラリを用意してくれていたり、環境(フレームワーク)を用意してくれているので、非常に取り組みやすい状態になっています。

今からでも機械学習を学びましょう。そしてひとつでもモデルを作成できたら人工知能を理解できる一歩を踏み出せたことになります。

こちらはこれからPythonを学ぶ人やpythonについて知らない人が概要を理解するのに使えます。

本書は実践向きの書籍です。すでにPythonを理解している人が業務で利用するためのアプリ開発や研究者が機械学習のデータ分析を行うための本です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA