会社を複数経営することのメリットは?

ある程度大きくなった会社は○○会社の子会社という形で複数の会社を経営しているケースを見かけることがあります。

一つの大きな会社にして部門を分ければいいだろと思いますが、どうして会社を分ける必要性があるのかメリットの観点から考えていこうと思います。

会社を複数持つことのメリットは以下の5つです。

  • 税金対策(節税)
  • リスク分散
  • 経営管理
  • 融資
  • ブランディング

節税対策

中小企業の法人税は課税所得800万円未満なら15%、それを超える場合には23.2%になります。

また、売上1000万円以下なら消費税の免税事業者になったり、損金にできる交際費の額が増えたりといろいろメリットがあります。

複数の会社を立てて一つ辺りの利益を分散させることで課税を少なくしようということです。

しかし、気を付けなければいけないのは節税することが目的になってはいけないということです。

それ目的だと税務署に感づかれると否認されて税率が高くなってしまいます。

事業のリスク分散

一つの会社で複数の部門を経営しているとどれか一つの部門が問題を起こしたとき、会社全体として影響が出てきます。

しかし、会社一つで一つの部門にしておくと、損失や問題が発生した会社以外は影響を受けないのです。

なので会社を分けることでリスクを分散することができます。

事業の経営管理を明確にできる

1会社1事業という形で分けることにより、それぞれの売り上げや利益が明確になり、どの事業が成功していてどの事業が損失を出しているのか明確になるのです。

経営判断がしやすくなります。

融資が受けやすくなる

複数会社を持っていると、複数の金融機関からそれぞれの法人に対して融資を受けられる可能性があります。

さらに法人ごとに代表者を決めることで、その代表者を連帯保証人にすることができ、銀行からの融資を受けやすくなるというメリットもあります。

経営者のブランディングになる

これは少しおまけな要素ですが、会社を一つだけ持っている人に比べて複数持っている人の方が周りからの評価も高くなります。

しかし、赤字な会社を複数持っていてもしょうがないですから、しっかりと事業を成功させることから努力することが一番大切です。

余裕ができたらほかの事業も考えてみるのがいいと思います。

複数の会社を持つデメリット

複数の会社を経営することで逆にデメリットも出てきます。今回は主にコスト面などでのデメリットを考えてみました。

設立コストが増える

当たり前といえば当たり前ですが、会社を複数建てるということはそれだけ設立にかかるコストも増えるということです。

一から設立するなら登記料などが発生します。事業買収にしても譲渡金、そして仲介手数料、またそこに発生する税金も支払わなければなりません。

ランニングコスト

例えば、都内にある会社はそこに存在しているだけで年7万円の住民税がかかります。

そして、これが設立した会社の数だけかかるということです。

経理作業が煩雑になる

会社ごとに経理作業をするので、経費を会社ごとに分けたり、申告を会社の数だけ行うなど手間が増えます。

これを個人で複数の経理を見ようとすれば、時間がかかります。

逆にほかの人にやらせるとそれだけ金銭的コストがかかります。

税務調査などのリスク

運営の実態がない会社をもつと、不当に税負担を減らしていると思われ、税務調査を指摘されることがあります。

また、同一事業で複数の会社を持つことも禁止されています。

まとめ

複数の会社を持つということはそれに伴ってコストが生じたり、リスクも出てくるので、それらをしっかり把握したうえで、余裕をもって事業開拓していきましょう。

また、くれぐれも節税目的にならないように心がけましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA