先頭に立って挑戦していこう

会社などに一時的に就職して学んだりするのはいいですが、そこでずっと頑張っていこうと思っている人はほかの選択肢を考えてみてもいいと思います。

チャレンジすることに意義がある

会社に就職できれば一生安全ということはありません。

中小企業は競合に負け、倒産してもおかしくない

大企業は倒産リスクはあまりないが、必要なくなった部門の人件費を抑えるために大幅なリストラをする可能性がいつでもある。

こうなったときにいかに勤め先企業が安全でないことがわかります。

そこで会社員になってからでも遅くないことでやっておいた方がいいことは

  • 国家資格を取得する
  • スキルを身につけて独立する
  • タイミング、アイデアを自分なりにもっておき、時が来たら起業する

国家資格を取得するのはとても大変なことですが、安心材料のひとつになるので一つは持っておくことをお勧めします。

自分の得意分野でいいです。また、取れなくても問題ありません。ほかにつなげることができます。

スキルを身につけておくは自分の得意分野を磨き上げて独立してやっていくというもの。

自分主体なので休みが基本的になく自分でやっただけ報酬になるのでハマればとても楽しいものだと思います。自分に厳しいと思えば再就職して考え直すこともできます。

また、起業して組織化するのもありです。他人のマネジメントもあるためリスクも高いですが、問題ありません。現在の日本は起業に失敗しても昔みたいに借金まみれになったり、不運な人生に転落しないように対策が取られているからです。

もちろん融資や他人から借りたお金は返さなければなりませんが、そこの解決策としてクラウドファンディングなど充実しています。

すると、本当に大切なのはアイデア、タイミングだと思います。

「そのアイデアは誰が必要とするか」

「なんで今それをビジネスとしてやっていくのか?」

ここら辺の辺りはアメリカの起業家たちを調べてみるととても参考になると思います。

また、焦る必要はありません。時間をかけて準備しておき、時が来たと思ったら躊躇せずにチャレンジしましょう!

最後に、成功は失敗の繰り返しで成り立つと思っています。

いきなり成功したのはその人が天才だったか運が非常にあったのだと思っています。

だれでもできる方法はドレだけ時間をかけて努力し、準備したかです。

努力すれば結果は後からついてくる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA