小さい時から少しでも多く知っておくことが大事

小さいうちからたくさんのことを経験し、知識として知っておくと後々自分のためになります。

小さいうちからどんな小さなことでもいいです。

  • 初めて算数を学んだ
  • 初めて自分の食べたかった料理を作った
  • 初めて仲間と協力して仕事をこなした

小さい時からいかに多くのことを学ぶかによって人生の見方、考え方が変わっていきます。

失敗したとき、 今までは単一的な考え方しかできなくて、悩み、苦労していたこともたくさんのことを経験したことによっていくつかの考え方、選択肢が増えていきます。

結果として自分が最適だと思った選択肢を選ぶことができ、無駄に悩んだり苦労したりといったことを解消できます。

また、相談できる相手をできるだけ増やすということですね。

自分一人だと思考が偏りがちなケースもあったりしますが、仲間と相談することで自分になかった考え方を教えてくれたりして結果的に得られるものがあると思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA