技術的スキルは複数身につけておいた方がいい

私は大学卒業後に就職してすぐに感じたことです。

私が実際に経験した話です。


大学卒業後、電気技術者として就職していますが


もうスタートの段階から技術のレベルに違いが生じてきます。


最初はほかの同僚と資格の勉強をするという内容が研修に盛り込まれていたのですが

その資格には電気的なスキルと情報的なスキルが必要で


それらをもっている人が満点を取れるようなテストでした。


私はどちらも勉強していたので満点を取ることができましたが、


電気的なことしか知らない人や逆にITスキルしかない人はその分野でしか得点を稼げませんでした。


結果、私は周りよりも先に派遣先企業に雇ってもらえることができました。
「なぜ私を選んだのですか?」と聞きました。(笑)


すると、『君は電気も情報も両方できるから」
と言われたのを今でも覚えています。


自分が学べる、身につけられると思った分野は小さいことからでも勉強しておくことを勧めます。


それが後になって仕事をほかの人より多くもらえたりします。^^


ちなみに私はそのうち機械分野を学ぶ予定です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA