最短で経営者になる方法「M&A活用」

経営者になるというと資金を集めたり、前々から準備しなくてはならないものだと思い、あきらめてしまうこともありますが、実は選択肢はそれだけではないという話です。

事業買収、または企業買収という手もあります。

すでに成功しているビジネスを買い取ってしまうという方法について話します。

自分で事業を持ちたい、経営者としてやっていきたい。

こういった人向けに選択肢としてオススメなのがM&Aを活用するという手もありということです。

M&Aとは?

M&A(Mergers(合併)&Acquisitions(買収))はすでにビジネスモデルを構築してある企業、事業を買収することです。

買収内容は案件によって様々ですが、株式譲渡、土地譲渡、事業譲渡、または、事業の一部門の管理する権利などあります。

売却する側の理由も様々あります。赤字経営なので続けることが難しくなってしまったり、後継者がおらずに売却するしかなくなったケースや、経営者の方がほかの事業に集中したくて、優先度の低い事業を手放したケースなど。

いずれにせよ、情報はオープンにされているので安心して検討することができます。

確認するべき点は

  • 譲渡希望金額
  • 譲渡理由
  • 現時点での経営状況(黒字か赤字か、売上高、純利益など)
  • その事業のニーズ(今その事業をやっていて儲かるかどうか)

以上の4点を意識して検討することです。

昔は成功したが今は無理というビジネスもたくさんあり、現にそれで無くなった会社もたくさん存在します。

それと譲渡金額は大事です。どうしてその金額なのか考えてみて、その事業の大まかな相場を調べたり、譲渡者に直接会って話を聞くなどしてみるのも大切です。

また、買収する際にいきなり数千万~数億の投資はリスクも高いです。

失敗したらそれだけで自分の人生が危うくなるので、まずは小さく数百万程度の事業を検討してみた方がいいです。

最後に私が参考にしたサイトのリンクを貼っておきます。

https://batonz.jp/

経営者になる=起業するというイメージがありますがそれだけではないよという話でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA