次世代通信規格5Gがもたらす未来

今回は2020年にサービス開始が予定されている次世代通信規格5Gについて考察していきます。

まず、今までの通信規格(~4G)の技術的課題とされていた通信速度の遅延が問題になっていました。

そして、今回新しくなって登場する5G はこの遅延が大幅に短縮されるということ

そして、規格が全く異なるため、新しく作り直さなければならない。つまり、通信端末製造や半導体事業がこれから伸びるということになります。

そしてここからが大事で4Gまでで実現がサービスとして実現が困難だったもの(VR,AI、自動運転など)の成長分野がさらに発展していきサービスとして実現される可能性が大いにあるため、これらの事業も当然伸びます。

そしてまとめとして私が考えた成長発展分野を述べます。

5G規格が普及されることによって得られる効果は以下のモノです。

  • end2endのアーキテクチャの変革
  • 超高速化
  • 今までの通信規格とwifiを統合した通信規格
  • 本格的なIoT向けネットワークになる

注目しているのは超高速化であることとIoT向けであることですね。

超高速化は言うまでもなくですが、リアルタイム性が求められる通信などの需要には応えられそうですね。

リアルタイム性が必要なのはGPSを用いた人工衛星や無線通信を活用したロボット産業は飛躍的に伸びる可能性があります。

また、IoT向けネットワークに関しては今まではモノをインターネットにつなぐということで画期的なアイデアとはされていましたが、技術的課題も多くこれといって今のところ目立ったものが市場に出ていることはそんなになかったと思います。

しかし、5G普及後はIoT向け商品、サービスも流行る可能性が十分あります。

なのでこれからビジネスを行うことを検討している人は以上の分野を考えてみることもいいのではないかと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA