活躍するフィールドが変わると価値が変わる話

今の職場で必要されてないなと感じたらほかのフィールドに移った方がいいです。

なぜなら今の時代は仕事選び放題であり、無理にそこに居続ける必要性も少なくなってきています。

昔は職種も今ほどはなく、年功序列システムが主流であり、いればいるほどたくさんお金をもらえ、最後やめるときは退職金を支給するというメリットがありました。

なのでやめてしまうとカウントリセットされてしまい、「なんでやめたんだ」ということになっていました。

しかし、そのモデルはすでに崩壊しています。

企業間の競争が激しくなり、負けた企業は倒産という形で従業員是委員解雇せざるを得なくなってしまいます。

つまり、その会社が存続し続けているという保証は誰もしてくれません。

また、自分がそこに絶対に居続けられるという保証もありません。

つまりとてもリスキーなことなのです。

そうすると会社に居続けるメリットが少なくなりました。

家業を継いでいる人やその会社に特別な思いがある人は別です。

しかしそうでないなら「ここは違う」と思ったらすぐに職場を変える必要があります。

例えば今まで営業職をしていたが全然うまくいかなかったという場合はあえてエンジニアの道を選んでみたり、あるいは経営者の道を選んでみたりしてください。

今まで発見できなかったものがたくさん得られると思うし、場合によってはそれが自分にとってあっているもので続けられるようになるかもしれません。

なので転職したいと思ったらすぐに転職しましょう。

仕事はいくらでもある。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA