海外FXで一攫千金を狙おう

国内のFXと海外のFXどちらがいいかと言われると「どちらも一長一短です」

具体的に何が違うのか違いを比較した後に、今回は海外のFXを利用するという方向で話を進めます。

国内FXと海外FXの違い

国内FXは最大でもレバレッジ25倍というリスク小さくでしか行えないように国が決めているので、資金が豊富にある人は国内の方を利用した方がいいです。大きい資金で安定的に資金を運用できるからです。

資金1000万円くらいあるひとは国内を利用した方がいいと思います。

逆に海外は最大でレバレッジ3000倍というところがあります。

レバレッジを高くしている分証拠金は少なくて済みます。

スプレッドが違う

国内のFXはスプレッドが狭いのでそこから得られる企業に入る利益が少ない分、市場参加者は払う金額が少なくて済みます。

海外FXはスプレッドが広いので業者に払うお金は高くなってしまいますが約定力は断然上です。

お金をとるかより確実な約定をとるか個人の意見の分かれるところだと思います。

ロスカットの方式が違う

私が気にしているのは国内のFXは基本100%を切ったら強制ロスカットです。

なので証拠金を下回らないように工夫されているのだと思います。

海外は証拠金ギリギリまで取引できます。

で、すごいと思ったのはゼロカットシステムです。

証拠金が0以下のマイナス分は業者が負担してくれます

なので自分が入れた金額以上は負担しないということです。

これを上手く活用して小資金で始めるのがいいのではないかと思います。

まとめ

国内FXと海外FXの違いを比較していきましたが、どちらもいいところ悪いところあると思います。

なので自分の取引のスタイルに合わせて使い分けるのがいいと思います。

「スキャルピングは海外FX」、それとは別に「大きい資金で国内FX」など。

お互いのいいところを有効活用しましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA