複数のwebページを作り、wordpressとして組み込むには

webコーディングと言えばランディングページ(LP)の一枚のウェブサイトを制作することを思い浮かべます。

HTMLで記事の構成を作り、cssで形、色などレイアウトを決めていきます。

ハンバーガーメニューやアコーディオンメニューなど用いる場合はJavascript,jQueryなど必要になっていきます。

そうして一枚のwebページが作れるわけですが、別のページにリンクを貼って他のページを見れるようにしたい場合はどうすればいいのかわかりませんでした。

自分の知っている企業のサイトなどを見てみると、複数のページが存在しています。

まず最初に来るページ(メインページ)、企業概要、お問い合わせ、サービス概要、社長からのあいさつ、会社案内、採用情報などランディングページを作るだけでは対応できなくなっているのです。

さらに、何か継続的に投稿するような機能を実装するにはブログシステムが必要になってきます。

具体的には自身が手掛けたウェブサイトの紹介も新しく行えば逐次追加していくはずです。

また、日々の日記としてブログがほしいという場合もあると思います。

そういった場合にはwordpress化することで実現することが出来ます。

今回は単一ウェブページからブログシステム導入について話します。

WordPress化の流れ

wordpress化するための大まかな流れを説明します。

  • html形式のウェブページを用意する。(ここはランディングページと同様です)
  • wordpressをインストールする。

wordpressを始めるためにはドメインとサーバーを用意してwordpressをインストールする必要があります。

ドメインやサーバー契約はお名前ドットコムなど利用してください。

https://www.onamae.com/

  • テーマの選択

wordpressのテーマ選択から自分の作成したテーマを選択します。

事前に自分の作成したテーマをアップロードしておく必要があります。

  • 固定ページの追加

自分が追加するページ(会社概要、ご挨拶、サービス内容など)の固定ページをwordpressのダッシュボードから投稿を選択

wordpressダッシュボードの部分を切り抜きました。

左上の蛍光色をぬっているところです。

タイトルの部分に名前を入れて公開します。

するとURLが作成されるので別ページのリンクが貼れるようになります。

  • htmlファイルをphpファイルに改名

固定ページとして作ったhtmlファイルをphpファイルに書き換えます。

やり方としてはhtmlファイルをコピーして決まった名前規則に従って入力します。

例、

会社概要のhtmlファイルcompany.htmlなら

page-company.phpファイルになります。

詳しくは紹介してくれているサイトを貼ります。

ページの適用順位というものがあります。

ファイル名によって順位を決めているのです。

ページ適用順位の抜粋

この場合では2位の page-{スラッグ名(company)}.phpにしているので別ページとして有効になります。

以上で別ページとして機能するようになりました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA