3Dプリンタの自作キット[Prusa i3]の紹介

現在、3Dプリンタを用いた造形が話題になっています。そこで今回はReprapプロジェクトの3Dプリンタを自作できるキットについての紹介をします。

Reprapプロジェクトについて

https://reprap.org/wiki/RepRap/ja

多分、3Dプリンタ自作で一番ヒットするのがここなのではと思います。

おさらい

3DCADなどで形状のデータを作成し、それをプリントして造形物を作ることができます。

材料としてフィラメント(FDM)を用います。樹脂でできており、熱すると柔らかくなり、冷えると固まるという性質があります。糸状で販売されています。

3Dプリンタのメーカーごとに専用のフィラメントが販売されているので違うメーカーのは使えないようです。

値段は2000円程度から販売されています。( 今回はReprapの3Dプリンタを紹介しています。 )

Prusa i3開発キット

Reprapプロジェクトより生み出されたPrusa i3がオープンパッケージ化して販売されることになりました。

Prusa i3半完成品キット

組み立て方がわからない人向けに本も販売されています。

本体、フィラメント、本合わせても3万円台からチャレンジすることができるので自作してみたい、構造から知りたいという方はチャレンジしてみてはどうでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA