AIのこれからの未来予測

AIがこれから目指す方向性について語ります。

・AIを用いた自動化技術について私は大学生時代、卒業研究で人工知能(AI)をテーマにして研究していました。
AIを用いた画像認識の研究で、世界中には主に4つの人種に分けることができます。人種に分けることができます。
人種ごとに学習させて人の人種を充てることができるように工夫することが私の研究でした。
そこで私が感じた現状のAIの認識度を話します。。
そこそこの認識率はありますが(約60%),人が見ても難しいような人の人種はAIにとっても難しいということです。

今後の課題はそこになってくるのかなと思います。

最後に今活躍できる見込みがあるAIの分野について話します。
・テレワーク、電話オペレータ音声に従ってユーザーを誘導させることが目的なので音声認識機能と、音声合成機能を充実させることがミソです。

・特徴あるものや人の画像を認識させる分野分野特徴あるものに対して強い効果を発揮できます。

・投資タイミングやパターン性のある分野先に答えをAIに覚えさせておいて特徴をつかんでもらうということができるためです。

これからもっと発展していってさらなる分野の拡大につながるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA