AIエンジニアに必要なスキルは?

今話題のAIを用いた就職はどんなものがあるのか考察します。

AI自体はわかりますが、どんな仕事があるのかあまりわからないというのが本音です。

そこで自分がAI企業の面接受けた時の質問なども入れながら考えます。

どんな仕事があるの?

私が面接受けた時に最初にどんな仕事があるのですか?と質問しました。

すると、「うちはディープラーニングを用いた天気の予測をして、鉄道がどの日に走らせるべきかアドバイスをしている」と言いました。

ディープラーニングという言葉が出できましたが、これはいくつかの候補の中からどれが正しい答えなのか機械が学習して答えを出すもので、今の人口知能の基礎に当たります。

答えを出すための判断材料としてデータが必要です。

紫色でつぶつぶになっていて甘酸っぱいというデータがあるからブドウとわかるわけです。

以下にいいデータを提供してあげるか。これを追求しているのがデータサイエンティストと呼ばれる方々なのだと思います。

また、別の方面で人工知能を搭載した車、自動運転、自動掃除ロボットなど耳にします。

まだハードウェアに組み込むというところは発展途上なので今後はそちらの需要が上がっていくと思います。

AIをどんな機器に組み込んでどう活用するか考えていく必要があります。

アメリカのスタートアップ企業はAIとセンサーを結び付けて事業を行っていたのを記憶しているので、センサーが何より重要だという考えです。

画像センサー、赤外線センサー、ガスセンサー、光センサなど様々あります。

大事なのはどういうデータを受け取って何をさせたいかです。

必要なスキル

よく人工知能言語はPythonが使われているといわれます。その通りですがそれ以前に統計学、数学は学んでおいた方がいいと思います。

データ処理能力を付けてプログラミングスキルを磨けばAIを扱うことはできると思います。

ハードウェア設計も必要なら機械工学、電気工学など最低限知っておきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA