C#でGUIアプリ開発「Menustrip」について解説

C#でのアプリ開発でフォームアプリケーションを作る場合によく見かけるMenustripについての豆知識を解説します。

使用する開発環境はVisual studio 2019 です。

最初にMenustripについてですがタイトルバーの下についている各メニューが表示されていてそこでファイルを保存したりコピー、ペーストなど行うことができるような仕組みです。

この画像の上に表示されているメニューバーです。

ここに自分でメニューを追加して機能をプログラムしていきます。

Menustripはツールボックスを開くと入っているのでそれをクリックしてフォーム上に貼り付けます。

項目設定

項目の命名法は名前+&(アルファベット)です。

ファイルなら「ファイル(&F)」です。

&を付ける理由はアクセスキー設定することでき、Altキー+そのアルファベット(この場合はF)でその項目を選択することができるようになります。

設定したものにはアンダーバー(_)がつきます。

セパレーターの設定

この画像の一番下のように区切り線を付ける場合はメニュー項目にマイナスハイフン(-)だけ入力します。

ショートカットキーの設定

メニューのショートカットキーの設定はメニューを選択して、プロパティからShortcutKeysという項目から設定します。

一番上です。

CtrlかShiftかAltキーを選択して、そのあとに任意のキーを組み合わせることで使えるようになります。(この場合ではCtrl+O)

以上、Menustripの配置、そして便利に利用できるようにするための設定方法など解説しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA