EclipseにGUIツールを導入してアプリの開発

Swingを用いたJavaのアプリを開発するための流れを解説します。

インストール手順、起動、実行まで解説します。

Swingについて

SwingはJavaをもちいてGUIアプリを開発する場合に必要なプラグインです。

Swingのインストール

最初にJava開発環境のEclipseをダウンロード・インストールしておく必要があります。

ダウンロードに関しての記事を書いてあるので必要な方は参考にしてください。

Eclipseを起動します。

メニューバーのヘルプ->新規ソフトウェアのインストールを選択

クリックすると作業対象を選択できます。

Photon – http://download.eclipse.org/releases/photonを選択します。

するとインストール可能なプラグイン一覧が表示されます。

一般用ツール->Swingデザイナー を選択し、次へ(N)>をクリック

インストール詳細画面が表示されるので次へ(N)をクリック

ライセンス画面は同意するボタンを選択します。

それで完了(F)をクリックするとインストールできます。Eclipseの再起動を促されるので再起動を選択します。

プロジェクトの新規生成

Eclipseを起動したらメニューバーからファイル->新規->Javaプロジェクトを選択

プロジェクト名を記入し、次へ(N)を選択

完了(F)をクリック

これでプロジェクトが生成されました。

パッケージの生成

次にパッケージの生成方法について解説します

最初の画面です

左側のパッケージエクスプローラに注目すると、先ほど生成したプロジェクトがあることが確認できます。

それを展開して、srcがあるか確認

srcにカーソルを合わして右クリックし、新規->パッケージを選択

パッケージ名を入力して完了(F)をクリック

JFrameクラスの生成

次に新しく生成したパッケージにJFrameクラスを生成します。

最初の画面です。

パッケージが追加されていることを確認して下さい。

パッケージにカーソルを合わせて右クリックし、新規->その他をクリック

WindowBuilder->Swingデザイナー->JFrameを選択し、次へ(N)をクリック

クラス名を入力し、完了(F)をクリック

フォームのコードが表示されます。

左下のデザインをクリック

アプリのフォームが表示されます。

ここにボタンなど追加して機能実装していくのです。

今回は紹介なので、一つだけ試しに追加します。

ComponentsのJLabelを選択して、上部に配置します。

文字列をHello Worldと入力。

これで準備はできました。

アプリの起動

アプリを作ったので、最後に実行してみます。

作ったフォームのコードを右クリックして、実行(R)->Javaアプリケーションを選択

ちなみに実行ボタンは緑色のランプがついているのでわかりやすいです。

実行すると以下の画面が出ます。

これが完成したアプリの画面です。

このようにして自分の作りたいアプリを作成していくことになります。

これからもアプリを作ったらブログに書いていくつもりです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA