FXで損切りが嫌な人「ガチホ」を使う

FXで成功する方法として「資金管理を徹底すること」と「利確ポイントと損切りポイントをしっかりと設定しておくこと」とよく言われます。

まさにその通りだと思いますが、損切りしたくないと思う人もいると思うんですよね。

今回は損切りをしないで資金を増やす方法もあるという話をします。

FXで損切りを設定して運用するのが定番だと思います。そして、実際にそれで結果を残している人もたくさんいます。だから損切りいらないといっているわけではないです。

しかし、損切りしないモデルというのも存在し、実際にそれで運用しているという人もいたので、今回はそれについて掘り下げて考えてみます。

前提として余裕をもった資金繰りで運用

当たり前かもしれないですが、あらかじめ多くの資金を持っていないとリスクが高くなってしまうのでそこは気を付けましょう

そしてレバレッジは少なく運用する。レバレッジを上げてしまうと強制ロスカットの可能性が上がってしまい、ギャンブル化してしまうからです。

つまり超安定した運用になります。

少しの反対の動きには動じなくなります。

で、相場は常に上下し、片方向に進み続けるということはハイパーインフレが起きるか、国際テロ、国際的な経済破綻が起きない限り怒らないということです。

裏を返せば、下がってもそのうち戻ってくるということです。

反対に動けばナンピン買いなどもあるかもしれません(リスクは上がります)

大事なのはいつかは戻るのだから長期的に持ち続けて勝ちを重ねていって安定運用しようということです。

相場の原理的には正しいと思います。

豪ドル/日本円の買いを入れる

豪ドルは買いでもっておくことでスワップポイントが発生します。

つまり損切りせずに長期で保有し続けます。

下がってきたらそこでも買いを入れられるようにループイフダンなども検討します。

上がってきたらスワップポイントを受け取りつつ、キャピタルゲインも獲得するということです。

FXは先人たちがたくさんの手法を紹介していたり、書籍などもたくさん出ています。

私がいいと思った書籍です。

FXで有名になったzaiが発行している書籍です。

初歩的なことはこれでほとんど学べるのでお勧めします。

そして、自分に合った手法を見つけてそれを実践してください。

それで稼げたらそれを伸ばしていくことに力を入れましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA