V-REPでシミュレーション

仮想空間上でロボットなど配置して機構の動きやセンサの反応などシミュレーションできるソフトが[V-REP]です

今回はV-REPのインストール手順から基本的な使い方をまとめてみました。

インストール方法

公式サイトにアクセスします

http://coppeliarobotics.com/downloads.html

左のV-REP PRO EDU V3.6.2 rev0を選択します。

自身のOSにあったものをダウンロードします。

保存場所はどこでもいいです。

ダウンロードが終わるとexeファイルが開けるので開きます。

この画面が出たら画面に従って進めていってください。

途中でショートカットアイコン作成など聞かれるので作りたかったらチェックをつけてください。

インストールが終わると、ソフトが開けます。

これが初期の画面です。この中でロボット配置など行っていきます。

基本的な使い方

画面の移動:左クリック+ドラッグ

拡大・縮小:ホイールスクロール

回転:ホイールクリック+ドラッグ

アイテム選択:左クリック

複数選択:ctrl+左クリック

範囲選択:Shift+ドラッグ

オブジェクトの追加:右クリックでメニューからAddをクリック

sphereやPlaneなど様々な物体を配置できます。

オブジェクト削除:オブジェクトを選択してDeleteキー

モードの種類

オブジェクトを動かすのに左上のメニューからどう動かすかモード選択してオブジェクトを動かします。

移動モードにして

水平移動:左クリック+ドラッグ

垂直移動:Ctrl+左クリック+ドラッグ

回転モードにして

水平回転:左クリック+ドラッグ

垂直回転:Ctrl+左クリック+ドラッグ

その他

グループ化:オブジェクトを複数選択して右クリックEdit->Grouping

オブジェクトの情報表示:オブジェクトを選択した状態で左メニューの虫眼鏡のマークをクリック

上のメニューバーから実行、停止

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA