Webサイト構築方法

この記事では「Webサイトを製作したい」という人向けにWebサイトが出来上がるまでの手順を紹介します。

デジタルマーケティング、ブログ運営などをしたい人にとってほぼ必ず必要なのは自分のWebサイトを持つことです。

webサイトを通して自分の伝えたいことを情報発信したり、ECサイトなどにすればモノを売ることができます。

Webサイトを構築する方法は2つあって

  • 自分で学んで、製作する
  • Web制作会社に依頼する

どちらが悪いということはありません。しかし、一般的にはweb制作会社に依頼する人が多いでしょう。

しかし、今回は「自分で作り方を覚えて実際に作ることでWebサイトの仕組みを理解したい」という人向けに書きます。

①Webサイトのコンセプトを決める

まず、Webサイトを作って何をしたいかを決めます。ホームページのようなものを作りたいのか、マーケティング用のECサイトなのか、個人で書いているブログを作りたいのかによって全然変わってくるということです。

ここが決まると、それに合わせてポイントやどういった機能を持たせるかなど中身について入っていくことができます。

②Webサイトの基本的な設計

まずはサイト設計について考えます。作成するコンテンツ、ページ、ディレクトリ構造、メニュー構造などです。訪問者がどのように利用し、どういった機能を持たせれば利用してもらいやすくなるか考えます。

コツは顧客の視点に立って考えることです。

課題点を挙げて、それに対する解決策。そしてその製品のソリューションやメリットなど述べます。

サービスにある程度興味を持っている人にも商品の情報を提供しましょう。

ディレクトリ構造はSEOを考える点で重要です。どのようなキーワードでSEO対策するか考えながら設計しましょう。

③ページのデザイン作成

各ページの構成を考えます。トップページ、ランディングページ、下層ページ、ブログ部分などのデザインを考えます。

各ページに持たせる機能を重視して設計します。各ページのデザインに使用するのが「ワイヤーフレーム」です。効率的に作成するためにツールを使用したり、すでにあるテンプレートの使用も検討します。

見た目の部分としてロゴやフォント、色合いなども考えます。ある程度統一させた方がいいです。

④ページのコーディング

HTMLと呼ばれるマークアップ言語を用いてサイトの装飾をしていきます。

ボタンを押したらどういった動作をするかなどの部分はJavascriptなど用いてコーディングしていく必要があります。

⑤システムへの実装

コーディングが終わったらCMSなどのシステムに組み込む必要があります。現在の主流はWordPressです。

⑥動作環境のチェック

WindowsやMacといったOS環境、携帯端末などのデバイス環境、Google ChromeやFirefoxといったブラウザ環境などで正常に動作しているか確認します。

⑦リリース

ここまでの作業が完成してようやくリリースとなります。 一般的にはここまでの工程に2~3か月かかります。

⑧その後の保守運用

webサイトは作ったら終わりではなく、その後の保守運用が大切です。

アクセス解析、SEO対策などを継続的に行い市場環境の変化に合わせて適宜デザインなどを変更していきましょう。

以上、サイト制作を自分で行うための手順の概要を書いてみました。

また、それぞれの詳細はこれからブログにのせていく予定です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA