Web系プログラミングを身につけよう

これからプログラミングを学ぶ人は最初にWeb系のプログラミングスキルを身につけましょう。

なぜWeb系なのか?

Web系プログラミングから始めたほうがいい理由は

難易度が低い。覚えやすい

具体的にはHTML/CSSあたりがおすすめです。

数ある言語の中で初学者が一番理解しやすく、実際に作ったものをブラウザを通して確認することができます。

例えば組み込み系は変数に代入したり、ポインタなどあったりして理解するのに苦労しますし、組み込み系なので実現場では画像処理機など手元で動きを試せないものが多いです。

しかし、Web系プログラミングはエディタとブラウザがあれば自分のパソコンを通してみることができるので、だれでも簡単に試せてしまいます。

しかも、ホームページ制作の仕事やランディングページ、ECサイト構築など仕事の種類もたくさんあって就職には困らないです。

勉強方法

まずは無料で教えてもらえるサイトを紹介しますので、そこで学ぶことをお勧めします。

https://dotinstall.com/

ドットインストールは幅広い言語の基礎を学ぶことができるので最初はこれを利用しましょう。

それでも足りない人は書籍を購入しましょう

初心者向けの本でこれを見てその通りに書いていくだけでホームページを作れるようになります。

また、書籍を購入する場合の注意点は年代の古い本には手を出さないことです。

プログラミング言語すべてに共通して言えることは定期的にアップデートすることです。

アップデートの際に仕様変更があったりして、本の通りに書いてもエラーになってしまうことがあるのでなるべく新しいものを選びましょう

プログラミングスクールに入る

プログラミングスクールが出てくる以前は情報科学を教えてくれる大学に入るしかなかったのですが、プログラミングスクールは大学ほどの費用が掛からず、仕事に直結する言語を学ぶことができるのでお勧めです。

しかも提携先企業に就職保証がついていて就職にも困らないので、今からプログラミングで仕事していきたい人はぜひ入っておいた方がいいです。

https://codecamp.jp/

コードキャンプはプログラミング初学者をマンツーマンでサポートしてくれてオンライン完結型なので働きながらでも学ぶことができます。

Web系アプリ開発、ゲーム開発、webサイト開発と幅も広いのでお勧めです。

最短でプログラミング言語を身につけて仕事にする話でした。

覚えのいい人なら数か月で就職まで行けるかもしれないです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA